タイヤの位置交換

タイヤの位置交換


タイヤの位置交換、またはタイヤローテーションと言う、タイヤの効率的な使い回し方法があります。
まず、前輪と後輪で、摩耗個所が違うそうです。
前輪は、ショルダー部が摩耗しやすく、後輪は、センター部が摩耗しやすいということです。
タイヤを通販で買いたいなら→こちらからどうぞ
また、FF車(=前輪を駆動するタイプの車)は、フロントタイヤが駆動輪と操舵輪を兼ねている事から負担が大きく、フロントタイヤの寿命はリアタイヤの1/2〜1/3といわれるそうです。
さらには、後輪にもアライメント(角度調整)を施した乗用車の増加と共に、リアタイヤに偏摩耗を発生する例も増加しているそうです。
タイヤローテーションの具体例 基本的には、前輪と後輪のタイヤを交換します。
ローテーションする時期の目安は、5000キロ走行する毎だそうです。
FF車の前輪は上記の通り、摩耗しやすい性質のため、FF車はFR車よりもこまめにローテーションした方が良いようです。
同じサイズのスペアタイヤがある場合、それも含めて5本でローテーション出来ます。
摩耗が出始めたら、早いうちにローテーションすることによって、偏摩耗抑制の効果が期待できるそうです。
ナンカンタイヤなら低価格なので急な取替でもお財布に優しいです。